Our Opinion

Basic

for Parents

for School

1.問題の根源を探る

 「問題」とは、ある日突然発生するのではありません。それまでに様々な小さな問題が積み重なって、水面に顔を出すようなものです。よく氷山の一角と言われるように、一つの問題の背後には、多くの問題が存在しているものです。子どものスマホ利用によって発生している様々な事件やトラブルの背後にあるものを探ってみましょう。

 最も分かりやすい直接的な問題は、子どもの生活環境が変わったことです。スマホが子ども達と社会をつなげる窓口となったことで、目に見えないつながりが無数に発生しました。それは、まるで子どもが一人で繁華街を歩いているような状態です。
 しかし、多くの情報とつながる機会があっても、全ての子どもが事故やトラブルに見舞われるわけではありません。例えば無料でゲームが楽しめることが分かっていても、ゲームをやらない子もいます。出会い系サイトがある事を知っていても、そこにアクセスしない子も大勢います。甘い言葉に騙されない子もいます。
 単に情報が直接自分の手元に届く通信ルートを手にしても、本人が興味を持たなければ問題にならないのです。しかし、やはり子ども達の多くは誘惑に弱く、現実から逃れたいと願うこともあります。そうした心が問題の引き金になるのは事実です。
 例えば家に居場所が無い、自分を大事に出来ない、生活に充実感が無い、などネガティブな感情や状況があれば、そこから逃れる手段としてネットにのめりこんでいきます。これが、事件やトラブルの背後にある利用者自身の問題です。

-1-

  次のページ→