Our Opinion

Basic

for Parents

for School

1.保護者の責任って何のこと?

 子どものスマホ・ネット利用全般の責任は保護者にあると言われます。本当は学校の教育の遅れ、政府のIT導入方法の失敗、企業の過剰競争、「みんな」という言葉を使って自分の発言に責任を取らない国民性などにも問題はあります。ですから、本当は子どものスマホ・ネット利用の責任は社会全体にあるはずです。

 それを踏まえたうえで、保護者にしかできない責任の負い方を考えてみましょう。

 突発的なトラブルが起きた時、保護者は子どもを守る義務があります。子どもがやったこととは言え、無関係とは言えません。状況を整理して必要な支援を受けられるよう連絡や対策を講じることになります。
 また、そうならない為にあらかじめフィルタリングやアプリの利用制限、利用場所の指定、普段から関心を持って様子を見守る、などの予防処置も保護者の役割でしょう。
 子どもが子どもの判断力でも扱える情報の世界を作ることは、今のネット環境ではとても難しいため、子どもに不足している箇所を補う存在として保護者はとても重要なのです。

-1-

  次のページ→