Our Opinion

Basic

for Parents

for School

1.ルール作りってなんのため?

 子どものインターネット利用にはルールが必要です。そこには次のような理由があります。
 一つは、交通規則や校則のように、やって良いことと悪いことの区別を明確にすることです。これによって迷った時の判断が容易にできるようになります。

代表的なものは以下の通りです。
 ・使用時間(時間帯・連続して使う時間・1日の合計時間)
 ・使用場所(居間で使う、自室に持ち込まないなど)
 ・使用場面(会話中や食事中、勉強中の使用禁止など)
 ・使用目的(アプリの規制、ダウンロード制限など)
 ・外出時の使用(移動中や友達といる時の使用禁止など)
 ・コミュニケーション(目的、言葉づかい、相手など)
 ・その他(使わない条件を決めるなど)
 ・ペナルティ(「メタルール」とも言う)

 やってはいけない事をやってしまえば、それなりのペナルティ(罰則)や話し合いの場を持つ、又は言い聞かせて反省させる、などの指導を行います。

-1-

  次のページ→