あいさつ

 多くの情報に囲まれた生活が定着してきた今日、私たちは情報過多という新しい問題に直面しています。情報は私たちにとって最も重要なものですが、多すぎる情報によって判断に迷い、必要以上に振り回されるようにもなりました。まるで荒波を進むように、変化の激しい時代が始まりました。

 メディアと向き合うには目的意識や自律する力など、利用者自身の成長が欠かせません。私たちは、メディアを使う為に行動するのではなく、自分の行動の為にメディアを利用するべきです。その為に必要な考え方やメディアの在り方を模索するのが情報教育の核になると考えています。
これからますます高度複雑化する社会において、今日得た知識が10年後も役立つ保証はありません。ですから、社会のルールを覚えるだけではなく、社会のルールを生み出せるメディア利用者が必要です。弊社は、一人ひとりが当事者としてインターネットをはじめとするメディアについて理解し、自ら問題と向き合い乗り越えていく賢い消費者を育成することを目指しています。

代表  下田 太一